筋肉が必要なダイエットのための正しいタンパク質の摂取法

悩んでいる肥満の男性

効率よくダイエットをするには、筋肉が必要です。
「筋肉の原料といえばタンパク質」ということで、タンパク質さえたっぷり摂れば良いと考える人もいるかもしれませんが、それは半分しか正しくありません。

確かに、筋肉がつけば新陳代謝が高まり、脂肪を燃やしやすくします。
そのためにタンパク質をたくさん摂って、筋力トレーニングをすればダイエットには効きそうです。

しかし、タンパク質を過剰に摂取したからといって、それだけで筋肉が多くつくわけではありません。
たくさん摂取しようとする人の傾向として、その分炭水化物の摂取量を抑えてしまうことがあげられます。
しかし、炭水化物を抑えると筋肉を作る材料不足に陥り、効果的に筋肉をつけることができなくなります。
効果的に筋肉をつけたいならば、炭水化物は1日に体重1kgあたり4.5g以上・タンパク質は約2gを摂取することが基本です。

ただし、体脂肪を減少させるためのダイエット目的であれば、摂取エネルギーをもっと抑えたほうが良いこともあります。
この場合には、脂質を抑えたタンパク質からエネルギーを摂取することを心がけ、炭水化物をもっと抑えると良いです。
この場合には、炭水化物の量を減らし、タンパク質を3g程度まで増やしてみると良いでしょう。

筋肉が必要な時には、さらにサプリメントなどを併せて使うと効果が出やすいです。
ビタミンやミネラルなどを補給することで、筋肉が作られる速度が速くなります。

ダイエットの際は、まず筋肉を増やし、体脂肪を落とすようにします。
これはボディビルダーなどのスポーツ選手も行っている方法です。

美しいボディラインを手に入れるためには、筋肉が必要です。
食事制限のし過ぎで筋肉まで落としてしまわないようにしましょう。

サイト内検索
最近の投稿
悩んでいる肥満の男性

筋肉が必要なダイエットのための正しいタンパク質の摂取法

2019年9月2日